2018/05/30

とっさの一言はnya!


ちょっと姪太郎にも聞いてみよう。


飼い主 「あっちのホームから出ますって英語でなんて言う?」

姪太郎 「えっ、いきなり何だよ」



帰りの電車に乗って出発を待っていたら、

欧米系の金髪の人が

電車を指差しながら

「アサクサ!?」 と聞いて来た。(実話)


しかも「Anyone?」(だれか教えてよ)と

言っているが、同じ車両に乗っている人は

誰も反応してない。

「アサクサ」に行く電車は逆方向で

ホームは階段をおりて反対側に行かねばならない。

しかも自分の乗ってる電車はあと数秒で

出発する状態。


飼い主 「さあ、そういう時なんて言う?」

姪太郎 「ちょ、ちょい待ってよ、んー」



Google翻訳ではこのように出た。

depart from~ がミソだな。(※階段を降りてうんぬんは入っていません)


飼い主 「時間切れー残念でしたー」

姪太郎 「オマエは言えたのかよ!」


いいや、「No, no, no…」と言いながら

反対側を指差すぐらい。


オリンピックも近づいてきたし

道案内ぐらいは正確にできるように

しとかないとね、姪太郎 !





ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

No title

あ~私はdepart from~なんかわからないから、階段を指さして「ステップ、ステップ、トントントン」と下へ行くように指を降り、乗るべきホームを指さしてGO!とか言います。一番しょうもない、英会話力ゼロの人間がやるパターンですね。
階段はstairsだけど、そんなの咄嗟に出て来そうもありません。

でも、以前、仲間とアメリカに行った時、二人ずつ4部屋、あとは一人がひと部屋にして欲しい時に、受付のイケメンの目を見ながら「ツー、ツー、ツー、ツー、ワン!」と指を使いながら言ったら一発で通じたので、そんな感じでもわかってくれるかもしれないとは思います。


No title

"from the other side of the train" はまったく別の意味になってしまいます。「この(今乗っている電車の)の反対側から」になってしまいます。それに、こんなにくどくど言っている余裕はなかったでしょう。向こうの正しいプラットフォームの方を指さして、"It's from that platform over there." が速いでしょう。正しいプラットフォームが見えない場合なら、”It's from another platform. Go down the stairs and then up the other." と言えばいいと思います。

No title

文法なんて要らないですよ!
Other side でも、指差して From there でも、単語の羅列で大丈夫。

それが海外旅行ってもんでしょう!
最近は駅の外国語表記も充実してるので、気にしなくても大丈夫!