2016/10/06

渡さないからnya!

土曜の胃カメラまでは

「ゆるやかに」過ごそうと思っているのに

仕事のスケジュールがビッシリとつまっており

こりゃいかんという感じ。

飼い主 「あーこりゃ、猫の手も借りたいぐらいだよ」

姪太郎 「貸そうかー、僕でよければ」




飼い主 「あー胃カメラも姪太郎とかわってほしいぐらいだよ」

姪太郎 「え、そうくるか…」


皆様のいろいろな体験を

聞くたびに不安にはなるけど

楽しみにもなってきた。


このオイシイ機会をオマエには

渡さないぞ、姪太郎!




ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

ふるさんはもう検索されたかもしれませんが、「初体験!鼻から入れる胃カメラ~3つのコツで痛くない!|経鼻内視鏡」という文に、痛くないコツとして、、、

コツ1 麻酔をする時
    鼻から薬りを吸い込まないで流し込む

コツ2 麻酔終了~カメラ開始まで  
     鼻でゆっくり呼吸

コツ3 胃カメラ検査中
     ツバは飲み込まず出す!

これを守ると随分楽だそうです。

この方は医師、看護師共に誰も鼻から胃カメラを経験してないから苦しかった。最初にこれを知っていれば良かったと書かれていたので、ふるさんはぜひこれをやってみてください。

大丈夫!

鼻から胃カメラは、結構、平気でした。
画像を見ながら、へぇ~って見れるのが不思議な感じ。
声帯を通る時、ゴクンとします。

口からと違って、先生とおしゃべりしながら説明を聞けるし
大丈夫。検査は大事です。
胃潰瘍の治った痕があったり、逆流性食道炎が見つかったり、私、頑張っているなぁ~と褒めてあげたい気持ちでした。
姪ちゃんのためにも、ガンバ!!v-352