2016/09/07

なんだかnya!


仕事が終わったあと、そそくさと退社し、

周りに気づかれないように日本橋へ向かう。



そう、前から見たいと思っていた

この映画を見るのだ。

見たいというより、職場の周りが

みんな見ているので

ネタバレ内容を喋りたくて喋りたくて

ワザと見てない私の周りで喋ろうと

するので急いで行かねばと思い…



あれ、ゴジラって神聖なものではなかったの?

こんなコミカル扱い、いいんだろうか…


映画の方は世の中の評価がすごく高いので

書かないようにしますが、

毎日、MARVELの海外ドラマを見ている

私としては、純然たる日本のドラマ的な

展開はちょっと物足りない感じでした。


でもこういうのが好きな人はたくさんいて

その好きそうな要素がいっぱい入ってた気がします。



飼い主「あっ、なんかゴジラに出てきた?」

姪太郎「モスラなら出たかも…」


そうそう、なんかスーパーヒーロー的なものが

いなくて物足りなかったのもあるかな、

そこたのむぞ、姪太郎!






ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

えーと、私は3回観て、娘は6回観ました。

いろいろ好みがあると思いますが、私的には大満足です。
子供に迎合したような映画が多い中、大人向けの映画って感じが好きでした。(2歳くらいの子が親に連れられて来ていたのがほんとに気の毒でした)

もちろん不満点もありますが、伊福部昭ファンとしての視点から観ても満足感はありました。

個人的には下手に続編を作らないでもらいたいですが、東宝が作らせるかもしれないと危惧しています。

子供さんには「ジャングル・ブック」をお勧めします。
3Dで観るのを特にお勧めします。
凄く良かったですよ。

こんなに身近に大ファンがいたのにすみません。

続編は 「シンゴジラ 対 メカゴジラ」でしょうか…

ジャングルブックはぜひ見たいです。

ふる

いえいえ、好みはひとそれぞれで構わないと思います。

あの監督さんだと、たとえ続編を作ってもゴジラが暴れまくるみたいな映画にはならない気がします。

普通ならゴジラが放射能熱戦を吹く(吐く?)時こそ、ダンダンダンみたいなリズムいっぱいの音楽を鳴らすでしょうけど、この映画はそのシーンで女性の声から始まるもの悲しい沈むように重い曲にしていました。

今までとはまったく違うゴジラであって「痛快娯楽作品」ではないので続編が難しいと思いました。

娘は「無人在来線爆弾が身に詰まされる」と言っていました。