2016/08/04

元気だよnya!

我が家にやってきたカブトムシのつがいは

毎晩大掛かりな運動会を開催している。

昼の静けさからは想像もつかない激しさで

夜は騒ぎ始める。


ブーン

ブブブブーン

カサカサ

カッカッ、ンガッ …ってどこから鳴らしてんの?


運動会やるにはさすが狭すぎると思い、

一回りいや、ふたまわり大きな虫カゴを買った。

父親 「いいねぇ、広いね」

チョウナン君「さあ引っ越ししましょう」



父親 「これでやっと人並みの生活ができるな」

チョウナン君「ムシナミじゃないの?」



そして広くなったこともあり、

毎晩オスはメスを追いかけ

目撃するとこのサザンのアルバムカバーの

ような状態がほとんど。


チョウナン君は「いっつもおっかけて、がっと腰をつかんで上に乗って運動会だ!」

と言っているが、まだ何をしてるか知らない。



飼い主 「来年大量発生したらどうしよう…」

姪太郎 「よし、食えるかな」


さて、いつ、どう教えるか…

教えてくれよな、姪太郎先生!




ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

ほっとけばいいんですよ。
子供同士で自然に覚えるんだから。
学校でも「交尾です」って教えますよね。

カブトムシはやっぱりこんな住居がいいですね。
私は主人が庭のコンクリートに転がってたのを保護したカタツムリを3年育てていますが、よくわからないのでご飯を冷凍保存するような容器の一番大きいのにコンクリ片、卵の殻、レタス、ナス、きゅうりなどを入れてるだけです。
でも、これで3年生きているから居心地いいのかもしれません。