2016/06/30

それかいたのかnya!


チョウナン君の小学校の友達が家にやってきたらしい。




どちらもスターウォーズが大好きなのでいっしょにお絵かきをしたとのこと。

チョウナン君がスケッチブックを持って興奮気味に話してくれた。

父親 「あーこれチョウナンくんの絵か。なんとなくライトセーバーってのはわかるな」

姪太郎 「カイロレンモデルが右上にあるな」




父親 「え!これお友達がかいたのか!すごいな」

チョウナン君「すごく上手なんだよ!」




飼い主「ウチのは絵の練習したほうがいいんじゃないだろうか」

姪太郎 「同じ小学2年生でこうも違ったらなぁ…」




飼い主「じゃあ今週末、モデル頼むよ」

姪太郎 「えぇっ、バイト代たっぷりもらうからな!」


代償が高そうだから、

とりあえずモデルは

ヨーダにしとくかな、姪太郎!





ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

うちも娘が小さい頃に同級生がよく家に遊びに来ました。

娘がろくに字も書けない頃に幾つも漢字を書く子がいたり、娘がピアノを片手しか弾けないのに同じ曲を両手で速く弾く子がいたり、娘が縄跳びを普通にしか跳べないのに軽々と二重跳びをする子がいたり、、、、、

娘よりはるかに優れたことを軽々やってのける子達を目の当たりにすると焦ってしまい、漢字の練習帳を買って来たり、主人に二重飛びをみてもらったりと、今考えると苦笑してしまうようなことをやっていました。

慌てなくても成長するにつれて娘はちゃんと漢字を書けるようになったし、ピアノはコンクールで入賞するまでになったし、二重跳びもできるようになりました。

ふるさんは私のような愚かな親じゃないから心配ないと思いますが、とにかく必要以上に他の子と比べないことが肝心ですね。チョウナン君のライトセーバーは生き生きしていいと思います。