2016/05/30

ハズレなのかnya!


近所の神社で何かイベントをやるので

子供連れて遊びに来てくれと

いきなり歩いてきた60代ぐらいのおじいさんに

お声がけいただいた。


とりあえず、朝下見に行ったら

準備中だったけど、

いきなり風船をもらえた。

ジナンくんは嬉しそうだ。

一旦家に帰って確認。


父親 「こりゃシブい風船だな~、なるほど職人さんが開催するイベントなのか」

姪太郎 「プロの職人が工作を教えてくれるらしいぞ!」



父親 「というわけでチョウナン君を連れ出して再度出動」

姪太郎 「おっ、始まったな、何作るんだ?」



父親 「下手くそだなー、ちゃんと教えてもらえよ」

姪太郎 「なかなかそんな機会ないからな」



無事本棚は出来上がって、焼き入れいれてくれて

ニスまでぬって素晴らしいのができた。


そしてニスが乾くのを待つ間に

ダーツなげてくれとのことで

その的がまたシブい。

姪太郎 「 はづれになってるぞ!」




飼い主「お前も行きたいだろう?」

姪太郎 「僕が当ててやる!」


そううまくはいかないぞ、姪太郎!






ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

私、職人が好きで、小さい頃は町の提灯屋や鯛焼き屋、包丁研ぎ屋や染め物屋の前でしゃがんでずっと作業を見ていました。テレビで職人を扱う番組をやると見入ってしまいます。

短時間で自分の作品を作れる催しっていいですね。
ダーツの手書き文字が丁寧で綺麗なのがいいなあ。

こういう良い催しはもっと宣伝してくれる機関があるといいですね。

姪ちゃん、今日はちゃんとご飯をもらえるかな。