2015/07/14

確かに暑かったけどnya!

夜になっても暑かった。

ムシっとした感じの

なんとも不快な夜、

涼しさを求めて

巨大な物体が窓際に

しがみついていた。



飼い主 「そ、そんなところで…」

姪太郎 「暑いよー」




飼い主 「よく落ちないな」

姪太郎 「涼しさには変えられない…」




その後、

寝るときに開けっ放しというのも

無用心なので、

姪太郎には悪いけど、

窓を閉めさせてもらった。




飼い主 「翌朝、消したはずの扇風機が、なぜか【強】になって付いていた!」

姪太郎 「暑かったから付けたんだよ」



飼い主 「玄関を見たら、窓際に置いてあった花瓶が落ちて割れていた!」

姪太郎 「そっちの窓開いてないか見たんだよ!」



飼い主 「なんとかならなかったわけ?」

姪太郎 「うるせぇな、暑かったんだよ!」



窓閉めたからって、

そんなに暴れなくていいと思うけど

まあ暑かったんだろうね、


とりあえず、次の燃えないゴミの日を

忘れないでくれよな、姪太郎 !

(※割れた花瓶を出すため)





ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

暑いんです。わかります。毛皮を着てるんだもの。
花瓶のことはすみません。私が代わりに謝ります。
弁償しないけど(笑)

うちは寝室の小窓を少し開けて寝ました。
(この窓は外側に格子が取り付けてあって人間が入れないようになっています)
主人が暑がるので、保冷剤をタオルでくるんで渡しました。
ついでにうちの子(猫)にも同じ様にしてみたら、一度は嫌がって起きて水を飲みに行きましたが、戻って静かになったのを見たら後ろ足をぴったり保冷剤タオルにくっつけていました(笑)

私は保冷剤がなくても団扇で扇ぎ、そのうち寝られるさと思っていたら主人が隣りの部屋のエアコンを点けに行き、その上、こっちの部屋に扇風機を向けて寝ていました。本人は満足でしょうけど私は寒くてたまらず、こんなに暑い夜に布団を胸までかけて寝るという情けない夜になりました。

私が扇風機でどうということがない時でも、主人は暑がって仕方がありません。まだまだ暑い日が続くので困ったもんだと思っています。