2014/12/12

イバラの道をスルスルとnya!


下町の飲み屋が連なる我が家周辺の路地裏、

外ネコもいっぱいウロウロしている。

ふと見ると、そこにもいた。


ふる「あ、あそこに」

姪太郎 「あー、あいつか」




ふる「おーい!元気か?」

姪太郎 「誰だよオマエって顔してるぞ」




ふる「おい、どっち行くんだよ?」

姪太郎 「路地裏に入っていったよ」




ふる「え、なんかこの道!?」

姪太郎 「うん、それだろ?」




ふる「そ、そんなにネコがキライなのか…!!」

姪太郎 「こりゃ地雷原みたいだな…」



飼い主 「でもスイスイと何食わぬ顔で、避けていったよ」

姪太郎 「僕なら即爆死だな…」




奥の方にある、近づくと「ピシュっ」って

音のする機械って猫よけだよね?



追い払うどころか、普通にとおっていったけど…。さすが。

オマエも少しぐらい見習った方が

いいんじゃないのか、姪太郎 !





ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

観光地によくある顔が空いてる看板、好きなんですよ~。
あると必ず顔をはめたくなっちゃう。カンセンジャーは顔が空いてないんですね。姪ちゃんの顔、うまくはまっていますよ。

うちの近所は猫嫌いの人が多くて、ペットボトルを家の周りに50本くらい並べてる人や、この画像の様な尖った猫よけを並べまくってるお宅もあります。野良猫たちは全く意に介せず上手に避けて通っています。

ふるさんのお宅周辺にこういう路地があるんですね。
昭和の空気を感じます。葛飾区はこういうところがたくさん残ってるのかな。
寅さん映画に出てた店のモデルになったお店の女将さんが亡くなったそうだけど、健さんも文太さんも逝ってしまい、だんだん昭和が遠くなって行くのが寂しいです。