2013/06/12

考えただけで痛いけどnya!


仕事を午後だけお休みを頂いて、

説明を聞くために、

近くにある大学病院まで向かったのだった。


飼い主 「おい、姪太郎!」

姪太郎 「なんだよ、昼から病院行ってたな」




飼い主 「ムスコがアデノイド切除で入院することになった」

出典:http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201209/adenoid.html


姪太郎 「まじか、切除とはいたそうだな」





飼い主 「そうなんだよ。しかも耳にチューブを入れるのも一緒にやる」

姪太郎 「ああ、あの鼓膜にチューブ付けるやつだね。いたそうだな」






飼い主 「月末はバタバタ忙しくなるからよろしくな」

姪太郎 「今から考えただけで痛いよな」



アデノイド切除と中耳炎対策のための鼓膜チューブ挿入の

手術を一気にやることになり、

話聞いてる親の方は考えただけで痛いのに、

ムスコのほうはまだよくわかってないみたいだ。


まあでも最近ではよくやられている手術なので

どこもこなれているようなので

心配はいらないみたいだけど、

1週間入院とのことで、月末は忙しい日々が続くと思う。

というわけで、オマエも協力してくれよな、姪太郎!







ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

アデノイド

半世紀以上生きてるオバさんです。
私も幼稚園の頃、アデノイドの手術を受けました。病院ではなく、腕は確かだと評判の行きつけの耳鼻科でしたが、全く痛みは感じず、その日のうちに家に帰りました。一日幼稚園を休んで、その後は普通に登園しましたが、特に異常もなかったと記憶してます(まぁずいぶん前の記憶ですが)。
それから40年以上も経ってるのですから、アデノイドの手術の方は大きな心配はないかと。
でも、一週間入院となると特にお母さんの負担は大きいかと思います。息子さんはじめご自愛してくださいね。

中耳炎は自分も保育園児の頃にやらかしています。

運動会のスタート時のピストルの音が聞こえなくて
気が付いたのでした。それと夜はうなされて寝れま
せん。通院は長くて保育園にはほとんど行った記
憶がありません。

でも、悪い事ばかりではありません。他人の声が
聞こえないとよこしまな精神波を拾うことなく思索
にふける事ができます。

エジソンだったかカーネギーだったか忘れました
が、やはり難聴で私と同じ事を言っていたと思い
ます。

ところで現在は完治していまして、女性のかん高
い声を耳にするたびに聞こえなかった子供の頃
を懐かしく思い出します。

娘が幼稚園の年長さんの時に盲腸をこじらせて腹膜炎になりました。もちろん手術をしましたが半月の入院になり、そんな時に限って夫婦とも立て続けに大事な仕事が入っていて、実家の母や姉に病院に来てもらいました。

親はあれこれ気を揉みますが、必要以上に心配しない方がいいですね。ムスコ君がよくわからずいる時に困った顔をしたり「痛そう。」なんて言っちゃうのはよくないですもんね。
ふるさんとママならうまくやれるでしょう。

私の姪が医者ですが、よくやる手術だから心配ないと言っていましたよ。大丈夫。

無事に終わったらムスコ君の入院レポートをお願いします。