2012/06/17

始めての贈り物なんだnya!

父の日を迎え、ムスコが幼稚園から何か

持って帰ってきたようだった。


飼い主 「おいその踏んでるやつ!」

姪太郎 「あ、すまん何これ?」





飼い主 「パパの絵の入ったムスコのプレゼントだ」

姪太郎 「ほう、それは失礼」





飼い主 「始めての父親へのプレゼントを踏みにじりやがって」

姪太郎 「そもそもそれなんだよ」





飼い主 「うーん、カバンをひっかけるやつらしい」

姪太郎 「難しい用途だな」






飼い主 「それよりこの絵が大事なんだよ」

姪太郎 「幼稚園の先生に言われて書いただけだろ?」






飼い主 「そんなこというな!すばらしいだろ」

姪太郎 「はいはい」





飼い主 「お前も書いて欲しいんだろ」

姪太郎 「ちょっとな」



そんなわけで、姪太郎もうらやましがるムスコの作品である。

今日、ムスコに「ペットは何を飼っているのかな」と聞いたら

「飼ってないよ」 といっていたので、どうも認識されてないようだ。


家族の一員として書いてもらうには、

まだまだ先は長いかもしれないぞ、姪太郎!










ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

ムスコさん『ペットを飼っている』認識は無いかも・・・ですよ。

うちは兄弟と思ってます。

注:うちの子は4歳です。幼稚園年中さんですが、人と認識出来ない感じの似顔絵でした。

さすがムスコ君。ふるさんにそっくり!!
絵の上手さは父親ゆずりですね。(ママが描いた絵を見たことないので)
ネットに作品を入れて、下はバッグを引っ掛けるってことですか?う~ん、あまり使い勝手が良くないような、、。ムスコ君の作品が増えたらそれを掛ければいいかな。

姪ちゃんは「ペット」じゃないでしょう。特にムスコ君にとっては。
お兄ちゃんと思ってるか、弟と思ってるかわからないけど、少なくとも「家族」と思っていますよね、きっと。

2012/6/17の贈り物と聞いて、ピーンと来ましたよ。

ワハハ、絵心では勝った。
ウチの同い年のせがれが。

とはいえ、気持ちですよね。
お互い棺桶まで持って行きましょう。