2011/03/27

海外ドラマをみているんだけどnya!


ムスコとその母親が九州へ避難して早いもので

1週間半が経っている。


休日ムスコと遊びに行くこともできず、

何をしているかというと…。


ビデオ屋で海外ドラマを借りて見ている。

一昔前の作品なので、海外ドラマファンには「おくれてるー」

といわれるかもしれないけど、前から見たかったやつだったので、

これをチャンスに一気に見ているところである。



女ボスの吹き替えの声が、ターミネーターサラコナーシリーズの

サラコナーと同じ声であるので、

なんとなく頭の中でカブる感じである。


そんな作品の中、FBI捜査官に「秘密組織」の存在がばれてしまう

大切なシーンにて…。


FBI捜査官 「お、おいちょっとまってオマエ組織の人間なんかい!」

女 「実はそうよ。そうなの。」


FBI捜査官 「な、なんでそれをだまってたんや!」

女 「あなたが、そんなTシャツ着てるからよ」


飼い主 「実際はそんなこと言ってないけどね!」

姪太郎 「すごいな。なんて書いてあるかわかってないんだろうね」



FBI捜査官 「そんなにボクのTシャツがイカしてるってことなんかいな」

女 「あなたは何もわかってないからよ」


FBI捜査官 「何も知らずにな…。」

女 「そうよ。何にも知らないのはあなただけよ」


飼い主 「ちょ、ちょとまて、こっちにもかいてあるぞ」

姪太郎 「おお、これはすごい」


飼い主 「まさか東京とかいてあるなんてな」

姪太郎 「セリフどおりに何も知らずにだな」


飼い主 「よっぽど日本好きの人がつくったんだろうな」

姪太郎 「何も知らずに着てる人がいっぱいいるんだろうな」



そんなわけで、

ドラマはそんなおちゃらけた内容ではありませんので、

あしからず。


さあ、続きの分をまた夜みるからな、

いろいろおもしろいところは、

見逃さないでくれよな、姪太郎!






ぜひともクリックで応援お願いいたします!
人気ブログランキングにほんブログ村もお願いします
人気blogRanking

クリックでランキング投票
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

クリックでランキング投票


コメント

非公開コメント

そうそう、、外国人が漢字Tシャツを着ているのを時々見るけど、なんでこんなのを着てるの?と思うことが多々あります。
きっと日本人が英語のTシャツを着る時も、思いがけない意味の言葉とわからず着ているんでしょうね。

ふるさんの吹き替えセンス、最高です。素晴らしい。
アメリカに住んでいますので、「何も知らずに」Tシャツやらタトゥーやらずいぶん見慣れてきましたが、今までで一番好きだったのが、「猫」という縫い取りの入った野球帽でした。

↑たまさんのおっしゃるとおりです。私たちも、恥ずかしいTシャツ着てるみたいです。

LAのTATOOショップには

LAにある小さいTATOOショップ内には
「KANJI」と書いた一角があり、そこに色んな漢字が並んでます。
台所、風呂場とか。。。 OTZ
いや、別にいいんですけどね。二の腕に風呂場って彫っても。
意地の悪い私は「なんか漢字書いて」と言われ「便所」と書いて
ソッコーで逃げ帰ってきた。

漢字の「由緒正しい」雰囲気がアルファベットにはない面白みをかもし出すのかも知れません。"I love NY(New York)" とか"Route 66" の日本バージョンを作って、「俺は東京が好きだ!」とか「環状七号線」とかのTシャツを着ていたら、やっぱり面白いかも。個人的には「環七」のTシャツは着てみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます